外出自粛のオランダで「焼くだけクッキー生地」が人気 おうち時間を楽しく

なかなか収束の糸口が見えない新型コロナウイルス感染。2度目のロックダウンも欧州各国で行われ、まだまだ先行きは暗い。そんな中でもヒットを飛ばす商品やロングセラーを保持している商品もあるのだ。今回は、筆者の住むオランダでおうち時間を楽しめる商品を紹介する。

クッキー作りを親子で楽しく気軽に

昨年春に始まった最初のロックダウン。日常生活必需品以外の店舗は全て閉まり、学校も休校状態となった。突然のことでみんな戸惑ったのはまだ記憶に新しい。特に小さなお子さんがいる家庭は、テレワーク中の親とオンラインレッスンを受ける子供たちが、家庭内でいかに快適に過ごせるかがテーマとなった。

そこで、注目を浴びたのが焼くだけのクッキー生地。親子で楽しくクッキーを焼いて、親子でおいしく食べる。何とも微笑ましい光景だ。しかし実際に親子でクッキーを焼くとなると、材料の購入から計量など、さまざまな工程を踏まねばならず、また後片付けも時間が必要だ。特に小麦粉などの粉を使ったお菓子づくりは、飛び散った粉やベタベタするバターなどの油脂類の後片付けが面倒だ。

面倒な成型のないアメリカンタイプのクッキー生地

そこで登場したのが、面倒な成型のないアメリカンタイプのクッキー生地。クッキー生地がすでにできているので、あとは焼くだけ。

コロナ禍におけるヒットの理由は

以前から、冷蔵のクロワッサンやロールパン、パイ生地は安定した市場を確保していたオランダだが、コロナ禍で新たに加わったこの商品のヒットの理由は以下だと思われる。

・コロナ禍のおこもり時間に、親子で楽しくクッキー作りができる
・失敗なく、お店のような味が楽しめる
・面倒な計量なし
・生地作り後の大量の洗い物なし
・思い立ったらすぐに焼ける手軽さ
・消費量だけを焼いて残りの生地は冷蔵保存できる

20分で焼き立てクッキーが

では実際に作ってみることにしよう。今回購入したのは、Jumboというスーパーのプライベートブランドの商品。

グラノーラクッキーのクランベリー味をチョイスしてみた。内容量が500gで、およそ11枚のクッキーができる。ちなみにこの生地は、カロリーが非常に高い。生地100gでなんと425kcal。11枚作って1枚あたり193kcalもあるのだ。これは一度に大量消費はできない。まずは2枚だけ焼いてみることにしてみる。

カロリーが非常に高いクッキー生地

アイススプーンですくって、オーブントースターの天板に並べて待つこと約10分。

アメリカンクッキーの出来上がり

容器の蓋を開けてから約10分で、アツアツの焼き立てのおいしいアメリカンクッキーが出来上がり。

焼きたてクッキーの味は、やはり最高だ。親子で楽しく、お家時間を過ごすアイテムとしてうってつけなのはもちろんだが、大人だけの優雅な時間に焼きたてのクッキーをいただくのもぜいたくである。(オランダ在住フードコンサルタント 白神三津恵)