山形県酒田港でイカ釣り船団出航式 大漁期待と不安胸に 密漁取締り強化が急務

出航式では家族や関係者などがカラーテープを持って見送り。酒田港を一周して、各船が沖合へ出航する

出航式では家族や関係者などがカラーテープを持って見送り。酒田港を一周して、各船が沖合へ出航する

 イカの町・山形県酒田市で9日、イカ釣り船団出航式が行われ、梅雨の晴れ間の青空に色鮮やかな大漁旗をはためかせた10隻の中型船が出航した。日本海能登沖にある大和堆の好漁場や北海道などで40日以上、延べ8ヵ月の漁が始まる。日本の排他的経済水域(EEZ)の違法外国漁船による密漁、北朝鮮からのミサイル発射など不安を抱えながら、トップクラスの漁獲高を誇る船団へ大漁の期待が高まる。(山本大介)

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら