アサヒビール、缶ハイボール強化 「ウィルキンソン」から新商品投入

 アサヒビールは市場が高成長を続ける缶ハイボール分野を強化する。同社RTDの主力である「ウィルキンソンRTD」ブランドから缶入りの「ウィルキンソン・ハイボール」を9月3日に発売する。ニッカウヰスキーの原酒と強炭酸の「ウィルキンソンタンサン」をブレンドしたクセのないスッキリとした味わい。アルコール度数は飲み応えのある9%。容量は350mlと500mlの2種。規格はリキュール(発泡性)(1)。  同社調べによると、缶ハイボール市場は5年連続で2桁増を維持するなど、RTDを上回る成

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら