スリーエフ、店内調理強化店を大幅刷新 近隣店に供給も構想

 スリーエフは店内調理を強化したコンビニエンスストア(CVS)「gooz(グーツ) いちょう並木通り店」(横浜市)を9日にリニューアルオープンし、新フォーマットの展開に弾みをつけた。来期以降の構想として近隣に小型店を出店し、いちょう並木通り店を母店に店内調理した商品の供給も考える。  6日の内覧会で山口浩志社長は「異彩を放つフォーマットとして業界に風穴を開けたい」と意気込みを示した。(山本仁)

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら