食と健康「偽情報」 リスコミで誤解払拭を提案 味の素社が構想披露

 食と健康に関わる「偽情報」をテーマに正しい情報の浸透と誤解の払拭(ふっしょく)を目指す組織、市場、業界、個人の立場の枠を超えたリスクコミュニケーションの場を設けることを味の素社は提案する。食の安全・安心財団の理事長を務める唐木英明東京大学名誉教授、日本生活協同組合連合会の嶋田裕之代表理事専務、東京大学大学院の林香里情報学環教授の3氏を招き開催した11月29日の「~現代に必要なリスクコミュニケーションとは?~うま味調味料(MSG)/食品添加物を事例として」と題した味の素社メデ

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら