オエノンホールディングス、令和元年12月期は売上高2.2%減

 オエノンホールディングスが7日発表した令和元年12月期の連結決算は売上高が前年比2.2%減の754億4400万円となった。チューハイなどのRTDが拡大した一方、焼酎や清酒が苦戦を強いられた。  利益面では販売費や一般管理費の減少、不採算事業の撤退などで営業利益が10.8%増の17億5200万円、経常利益が8.7%増の17億4500万円となった。(岡朋弘)

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら