サカタ・シード・アメリカ、イスラエル種苗会社からパプリカ育種プログラム取得

 サカタのタネグループのサカタ・シード・アメリカ(カリフォリニア州)は6月17日、イスラエルの種苗会社ダンジガー社から、パプリカ育種プログラムを取得。同グループはすでに、世界市場で高いプレゼンスを有するだけに、今回新たな育種プログラム・品種が加わることで、より優れた品種開発が可能となった。(佐藤路登世)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら