コメ販売不調 コロナ禍で業務用低迷 新米の価格暴落危惧

 コメの販売が不調だ。新型コロナウイルス感染拡大による業務用需要の落ち込みが要因で、農林水産省が7月30日に公表した「米穀の取引に関する報告」によると、3~6月のコメ需要量は、中食・外食用で前年比8万6000t(18%)減となった。家庭用は7万7000t(8%)増加したものの、業務用の落ち込みをカバーできていない。訪日外国人旅行者によるインバウンド需要の減少が要因だ。(佐藤路登世)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら