キリン、ミャンマー国軍系企業の検証進まず 新型コロナで

 国連人権理事会の調査団がミャンマーの国軍系企業ミャンマー・エコノミック・ホールディングス(MEHL)との関係を断つよう国際社会に求めている問題で、合弁先の一つで日本のビール大手キリンホールディングスが実施している検証作業が、新型コロナウイルスの影響で思うように進んでいないことが分かった。キリンは「進展があった時点で公表する」としているが、ミャンマー国内の感染者はこの1ヵ月余りで40倍以上となる3万人超に膨れ上がっており、予断を許さない情勢だ。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら