木徳神糧 20年12月期は減収・営業損失計上 コロナ禍での業務用需要低迷で

 木徳神糧の20年12月期は、売上高で前年比8.5%減の1075億9600万円、営業損失4200万円、経常利益同86.9%減の8100万円、親会社株主に帰属する当期純利益は同90.8%減の6200万円、1株当たりの当期純利益38円61銭。うち米穀事業は同9.3%減の923億3300万円となった。 減収要因は、コロナ禍での業務用販売数量の減少が響いた上、ミニマムアクセスによる外国産米の取扱数量も大幅に減少したためだ。(佐藤路登世)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら