クラダシ社、塚田農場の「コロナ禍ピンチ食材」を販売

 社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」を運営するクラダシ社と塚田農場を展開するエー・ピーホールディングス社(APHD)は19日、APHDの商品を「KURADASHI」で販売すると発表した。「塚田農場」の運営をはじめ、店舗で提供する食材の加工・販売を行っているAPHDは、コロナ禍の影響を受けている。ARHDの置かれている状況を受け、「KURADASHI」は「塚田農場」で使用する予定だった食材の販売を特設ページで開始し、フードロス削減とともに飲食店事業者の支援に取り

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら