全日食、VC理念継承で結束再強化 新中計の最重点に位置付け

平野実社長

平野実社長

 全日食チェーン(本部=全日本食品)は新たな中期経営計画である第12次3ヵ年計画を策定し、9月から活動を始動している。新中計では“全日食Re-born(再生)”をサブタイトルにVC(ボランタリーチェーン)の再確認による理念の継承を柱とする七つのスローガンで活動に取り組む。来年創立60周年を迎える節目にチェーンの結束力を再強化するのが狙い。13日に2年ぶりに開催された躍進チェーン大会で平野実社長が説明した。(山本仁)

※詳細は後日電子版にて掲載いたします。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら