食料危機で「情報戦」激化=EU、ロシア同調の声に焦りも―ウクライナ

2022.06.21
欧州連合(EU)のボレル外交安全保障上級代表(外相)=20日、ルクセンブルク(AFP時事)

欧州連合(EU)のボレル外交安全保障上級代表(外相)=20日、ルクセンブルク(AFP時事)

会談するロシアのプーチン大統領(右)とセネガルのサル大統領=3日、ロシア南部ソチ(AFP時事)

会談するロシアのプーチン大統領(右)とセネガルのサル大統領=3日、ロシア南部ソチ(AFP時事)

 【ブリュッセル時事】ロシアのウクライナ侵攻に伴う世界的な食料危機をめぐり「情報戦」が激化している。ロシアは米欧の対ロ制裁が危機悪化の要因だと主張。これに対して欧州連合(EU)はプロパガンダだと反論するが、影響が深刻なアフリカからはロシアに同調する声も出ており、EU側には焦りの様子も見られる。
 「

書籍紹介