総務省 5月消費者物価指数2.1%上昇 食料品価格も高騰の動き

 総務省が発表した5月の消費者物価指数によると、生鮮食料品を除く総合指数については、前年同月と比べて2.1%上昇した。食料品の価格についても、原材料費の高騰を受け、食用油が36.2%上昇するなど価格高騰の傾向が続いている。(渡辺正大)