百菜元気新聞
Twitter
Facebook

百菜元気 > 美容・健康 > 72候を楽しむ漢方スローライフ

72候を楽しむ漢方スローライフ

土脈潤い起こる(95)

降る雨に春の気配を感じて(雨水初候 2月19~23日頃)

2018.02.01 271号 08面    印刷用 印刷用

 冷たい雪が雨へと変わり、しっとりと大地を潤す頃。冬の寒さが少しずつ緩み、眠っていた生き物たちもようやく目覚め始めます。まだ冷え込む日もありますが、寒い日が3日、暖かい日が4日続く、そんな三寒四温の日々を過ごしながら、季節は春へと向かっていきます。

免疫力アップで花粉症対策

 スギ花粉の飛散が始まる2月。花粉症の人にとっては、つらい季節の到来です。花粉症は“発症すると治らない”と思われがちですが、体質を整えれば症状を軽くすることもできます。
花粉症対策の基本は、アレルギー症状を起こしにくい強い体質をつくること。そのためには、体内の「気(エネルギー)」を充実させて、免疫力をアップすることが大切です。気は食事の栄養から生み出されるため、日頃から「胃腸」の働きを健やかに保つよう心がけて。バランスよく栄養を取り、体内の気をしっかり養いましょう。

「肺」のケアも心がけて

 花粉に負けない体質をつくるためには、「肺」を強くすることもポイント。肺は、体の免疫力となるエネルギー(衛気〈えき〉)を全身に巡らせ、花粉などの影響をブロックする働きをしています。そのため、肺の機能が落ちると免疫力の低下につながり、花粉症の症状が強く出てしまうことも。
肺は乾燥に弱いため、空気が乾いているこの時期は積極的なケアを。潤いの多い食材を取る、マスクや加湿器で乾燥を防ぐなど、こまめな対処で肺の潤いを守りましょう。
食材は、体内の気を養う米、かぼちゃ、肺を潤す百合根、杏仁、はちみつ、牛乳、鼻をすっきりさせるシナモン、ハッカなどがおすすめです。

24節気72候は、古代中国で始まった暦が日本でも取り入れられ、風土気候に合わせ明治まで使われていました。日々の中に少しずつ感じられる季節の移ろいを、楽しみましょう。


梨のコンポート 杏仁ソース添え
エネルギー218kcal たんぱく質5.8g 塩分0.1g(1人分)

作り方

(1)百合根は1枚ずつはがしてよく洗い、湯通しする。

(2)かぼちゃは小さめのサイコロ状に切り、電子レンジ(600W)で約2分加熱する。

(3)鍋に牛乳と杏仁粉を入れ、よく混ぜて溶かす。ごはん、百合根、はちみつを入れて火にかけ、少しとろみが出るまで煮る。

(4)かぼちゃをトッピングし、ハッカを添えシナモンをふる。

レシピ:野崎宣子(東京栄養士薬膳研究会)

花粉症には肺を強くして免疫力アップ。百合根、杏仁、はちみつ、牛乳を使って

材料   2人分

  • ・ごはん…………………………………100g
  • ・牛乳……………………………………200ml
  • ・百合根…………………………………40g
  • ・かぼちゃ………………………………40g
  • ・杏仁粉…………………………………大さじ1
  • ・はちみつ………………………………小さじ1
  • ・シナモン………………………………適量
  • ・ハッカ…………………………………適量

おすすめ記事

土脈潤い起こる(95)

土脈潤い起こる(95)

降る雨に春の気配を感じて(雨水初候 2月19~23日頃)

2018/02/01

水泉動く(82)

水泉動く(82)

少しずつ、春に向かって(小寒次候 1月10日~14日頃)

2017/01/01

熊穴に蟄もる(81)

熊穴に蟄もる(81)

初雪舞う、冷たい季節(大雪次候 12月12〜15日頃)

2016/12/01

地はじめて凍る(80)

地はじめて凍る(80)

冷たい風に冬の訪れを知る(立冬次候 11月12〜16日)

2016/11/01

日本食糧新聞電子版のお申込み日本食糧新聞購読のお申込み

広告掲載のご案内
百菜レシピ
ふれあいクッキング

書籍

  • 2016都道府県Data Book

    ■あなたの県は何番目!?怒濤の130ランキング
    ■県民所得、通勤時間、初婚年齢、離婚率、貯蓄額、外食費、食事に使う時間…など130項目を都道府県別にランキング。
    ■ビジネスの場で会話のきっかけを作る47都道府県の話のネタ帳として活用できます。

  • 主婦の店さいち総菜弁当全集

    ■周辺人口4,700人の温泉街
    80坪の個人店で起きている奇跡。愛され続ける総菜弁当の全貌を初公開!

  • おうちで乾物イタリアン

    ■和食だけじゃない!オシャレにおうちで乾物イタリアン。前菜からスイーツまで73品掲載。

イベント