印刷 このページを印刷する

トップバリューグリーンアイ

野菜を楽しもう!ベジフェア

 暑い夏でしたね。でも気がつけば秋風の匂いが。夏から秋へ、季節のバトンが渡されるこの期間、8月31日(8・3・1)の「野菜の日」をフィナーレに「ベジフェア」が展開されます。旬の夏野菜、これからの秋野菜、その両方の魅力を味わって、野菜の力を再確認しましょう。
 毎日通っている、私の街のイオンのお店。その店舗を統括・運営しているイオンリテールは、全国で7つの会社に分かれています。エリアごとに異なる食文化や産物を味わうと、日本列島の豊かさをあらためて感じることができますね。

●野菜列島2018年 ウチの地域の野菜メニュー、召し上がれ♪

 日本列島東西南北。「ベジフェア」の期間中、各地域のイオンリテールのお店では、鮮度と旬にこだわった野菜をどっさり積み上げています。今年は特に、地域色豊かなメニューでおいしい野菜の食べ方をご提案しています。各地域の農産マーチャンダイザー(仕入・販売担当者)に、このメニューの物語を、イオンのプライベートブランド、トップバリュのお好みとともに、聞いてみましょう。

2018.08.31 278号 03面    印刷用 印刷用

東北カンパニー


  • 柳谷真也 マーチャンダイザー
    東北の秋は、里芋のコレで始まります
    東北では秋、家族や親しい人たちが集まって鍋を囲む「芋煮会」があります。県によって「芋煮」「いものこ汁」と呼び方や材料、味つけは少し異なります。今回はホクトの霜降りひらたけをぜいたくに使って。きのこを入れると、うま味がアップしますね。
    私の好きなトップバリュ
    霜降りひらたけの代わりに宮城県大崎市古川で生産している「トッブバリュ ぶなしめじ」もよく合います。炒め物や豆腐とわかめのみそ汁にも。
東北カンパニー おすすめメニュー

さっぱり味の芋煮 秋の気配を感じたら東北名物の芋煮会を!

さっぱり味の芋煮

作り方

(1)いものこ(または里芋)は皮をむく。「ブナピー」は石づきを切り、「霜降りひらたけ」とともに小房に分ける。鶏肉はひと口大に、せりは3cm 長さに切る。

(2)鍋に水・(1)のいものこ・「ほんだし(R)」小さじ1を入れて強火にかける。煮立ったら弱火にし、いものこがやわらかくなるまで煮る。

(3)中火にして鶏肉・「ブナピー」・「霜降りひらたけ」を加え、アクを取って「ほんだし(R)」小さじ1/2と酒を加え、みそを溶き入れて味を調え、(1)のせりを加える。

※みその量は味をみながらお好みで調整してください。

材料    5人分

  • いものこ(または里芋)500g(里芋の場合は8 ~10個)
  • 鶏もも肉…………………………………………100g
  • ホクト「ブナピー」……………1/2パック(50g)
  • ホクト「霜降りひらたけ」……1/2パック(50g)
  • せり……………………………………………1/2束
  • ………………………………………………4カップ
  • 味の素「ほんだし(R)」…………小さじ1・1/2
  • …………………………………………………少々
  • みそ…………………………………………大さじ3

使用食材

  • 使用商品

Copyright © 2019 日本食糧新聞社 All Rights Reserved.
Copyright © 2019 日本食糧新聞社 All Rights Reserved.