印刷 このページを印刷する

トップバリューグリーンアイ

野菜を楽しもう!ベジフェア

 暑い夏でしたね。でも気がつけば秋風の匂いが。夏から秋へ、季節のバトンが渡されるこの期間、8月31日(8・3・1)の「野菜の日」をフィナーレに「ベジフェア」が展開されます。旬の夏野菜、これからの秋野菜、その両方の魅力を味わって、野菜の力を再確認しましょう。
 毎日通っている、私の街のイオンのお店。その店舗を統括・運営しているイオンリテールは、全国で7つの会社に分かれています。エリアごとに異なる食文化や産物を味わうと、日本列島の豊かさをあらためて感じることができますね。

●野菜列島2018年 ウチの地域の野菜メニュー、召し上がれ♪

 日本列島東西南北。「ベジフェア」の期間中、各地域のイオンリテールのお店では、鮮度と旬にこだわった野菜をどっさり積み上げています。今年は特に、地域色豊かなメニューでおいしい野菜の食べ方をご提案しています。各地域の農産マーチャンダイザー(仕入・販売担当者)に、このメニューの物語を、イオンのプライベートブランド、トップバリュのお好みとともに、聞いてみましょう。

2018.08.31 278号 01面    印刷用 印刷用

南関東カンパニー


  • 北澤和人 マーチャンダイザー
    「欧風カレー」は東京生まれ
    欧風カレー」は40年前、東京・神保町のお店でフランス帰りのシェフが、そのエッセンスを取り入れて考案したのが始まりとされます。「フォン(土台)・ド・ボー(子牛)」で有名な「ディナーカレー」も東京のメーカーS&Bのもの。これを使って本格派の味に。
    私の好きなトップバリュ
    私のおすすめは「トップバリュ グリーンアイオーガニック 」のミニトマトです。甘さとコクのあるうまさが絶妙。わが家では毎日サラダに欠かせない一品になってます。ぜひお試しを!
南関東カンパニー おすすめメニュー

東京・欧風カレー フォン・ド・ボーの「欧風カレー」は実は東京生まれ

東京・欧風カレー

作り方

(1)米は洗い、水600mlを入れて炊く。

(2)「じゃがいも」は皮をむいてひと口大に切る。

(3)フライパンにサラダ油大さじ1を入れて火にかけ、みじん切りにした「たまねぎ」をじっくり焦がさないように炒めて取り出す。

(4)牛肉は3~4cm幅に切って、サラダ油大さじ1で強火で約1分炒めて取り出す。

(5)「霜降りひらたけ」は小房に分け、残りのサラダ油で炒めて取り出す。

(6)鍋に(2)・(3)・(4)・水600mlを加えて強火にかけ、沸騰したらフタを少し開けた状態にして弱火で20分煮込む。

(7)いったん火を止めて「ディナーカレー」を割り入れてよく溶かし、再び弱火でとろみがつくまで煮込む。

(8)器にごはんを盛りつけて(7)をかけ、(5)をのせる。

※たまねぎは約1/3量になるまで弱火で40分ほどじっくり炒めるとコクが出ます。

材料    5皿分

  • S&B「フォン・ド・ボー ディナーカレー」中辛……………………………………………2個
  • カルビーポテト「じゃがいも」…………………2個
  • ホクト「霜降りひらたけ」……1パック(100g)
  • 「味わいたまねぎ」(兵庫県淡路島産)……中2個
  • 牛薄切り肉………………………………………300g
  • サラダ油………………………………………大さじ3
  • ………………………………………………600ml
  • ……………………………………………………3合
  • ………………………………………………600ml

使用食材

  • 使用商品

Copyright © 2019 日本食糧新聞社 All Rights Reserved.
Copyright © 2019 日本食糧新聞社 All Rights Reserved.