印刷 このページを印刷する

トップバリューグリーンアイ

北海道収穫祭 グリーンアイじゃがいも・たまねぎ・にんじん・かぼちゃご当地レシピ

 秋本番!北海道から収穫されたばかりの野菜たちが届きました。
北海道各地を撮影しているカメラマンに教えていただいたレシピで、大地からの贈り物をおいしくいただきましょう。
レシピ協力=どさんこフォトグラファー・長沢直樹

2016.10.01 255号 02面    印刷用 印刷用

にんじん(北海道産)

にんじん(北海道産)
 北海道のにんじんは今年、長雨と3回の台風の影響で大きく被害を受けました。水はけの良い畑を選び、堆肥などを使った土作りで排水性を改良するという畑作りの力が問われた年でした。災害を乗り越えて育ったグリーンアイにんじんをぜひご賞味ください。

じゃがいも(北海道産)

じゃがいも(北海道産)
 北海道の屋根と言われる大雪山系の麓、置戸町を中心に全道各地のじゃがいも産地で栽培しました。昼夜の温度差が大きい内陸性気候は、でんぷんを蓄えるじゃがいもには非常に適した気候です。品種と土作りにこだわり栽培しました。

かぼちゃ(北海道産)

かぼちゃ(北海道産)
 JA北ひびきのある道北の内陸地方は、寒暖差が激しい内陸性気候で、かぼちゃのでんぷんや糖度がのりやすい栽培適地とされます。粉質の栗系品種にこだわり育てたグリーンアイかぼちゃを、ぜひご賞味ください。

たまねぎ(北海道産)

たまねぎ(北海道産)
 オホーツク海に面した北見地方を中心に全道各地のたまねぎ産地で栽培しています。北海道のたまねぎはもともと他の地域のたまねぎに比べ味の成分が濃く、熱を加えると一層引き立ちます。地域慣行基準より農薬の使用を減らし、堆肥や有機質肥料を主体に土作りにこだわりました。

※掲載の表示価格(すべて税込)は店舗や地域によって異なる場合があります。

【にんじんの保存】
 湿気があると腐りやすいので、通気性の良い場所で常温保存するか、ビニール袋に入れ冷蔵庫の野菜室で立てて保存。使いやすいサイズに切って、かためにゆで、水気をきって冷凍しても。
【じゃがいもの保存】
 新聞紙に包んで通気性の良い冷暗所へ。日に当てると皮が青くなり、芽が出やすので注意。
【かぼちゃの保存】
 丸のままなら冷暗所で1~2ヶ月程度保存可能。カットしたものは傷みやすいので、種部分をくり抜き、ラップして冷蔵庫の野菜室へ。ただし切るとビタミンCが減少するので、すぐに食べないなら加熱して冷凍がベター。
【たまねぎの保存】
 ネットなどに入れて、涼しく乾燥した場所に。湿気を嫌うので、冷蔵庫の保管は避ける。輪切りやざく切りにして冷凍したものは、水分が出やすくなっているので、炒め時間の短縮にもなる。

かぼちゃあずき北海道では冬至、かぼちゃをあずきと合わせます。秋の午後のおやつにも

かぼちゃあずき

作り方

(1)かぼちゃは適当な大きさに切り、水煮する。

(2)鍋にゆであずきと①を入れ、塩をひとつまみ入れて温める。

材料    4人分

  • グリーンアイかぼちゃ…………………1/4個
  • 「トップバリュ 北海道産小豆使用
    ゆであずき」……………………………1袋
  • …………………………………………ひとつまみ

使用食材

  • トップバリュ 北海道産小豆使用ゆであずき
  • トップバリュ 北海道産小豆使用ゆであずき
  • 430g 248円
    上品で風味豊かな北海道産の小豆を炊き上げ、ふっくら粒立ちの良いゆであずきに仕上げました。ぜんざいやかき氷、あんみつなどいろいろな用途にお使いいただけます。
Copyright © 2019 日本食糧新聞社 All Rights Reserved.
Copyright © 2019 日本食糧新聞社 All Rights Reserved.