百菜元気新聞
Twitter
Facebook

ほっとコーヒータイム

プチギフトにも人気のドリップバッグ(114)

2018.03.01 272号 06面    印刷用 印刷用

珈琲

 お中元やお歳暮など、儀礼・慣習的な進物を縮減する傾向が目立つ昨今。一方で年々市場を拡大しているのがプチギフトです。金額も見た目も、気持ちの負担も軽いカジュアルな贈り物。コーヒー1杯を手軽に淹れられるドリップバッグは、このプチギフト用としても人気が高く、「母の日」などの行事にはもちろん、日頃のお礼や励ましなど、心を伝えるコミュニケーションツールとして贈る人が増えています。
 プチギフトの動向を調べたDNP(大日本印刷)の「日常生活とギフトの実施状況に関する調査」(2017年6月)によると、プチギフト選びで重視する点として「相手に気を遣わせない価格」「小分け、シェアしやすいこと」などがあがっています。
 また、単にモノを贈るのではなく、「例えばコーヒーなら“おつかれさま”とホッと一息つける一言を添えるなど、商品の特性やメッセージ性にからめて、気持ちを贈ることができます」(同社)。穏やかにコーヒーを飲む時間を贈る、おいしいという感覚や体験を共有する、憧れのカフェの味を試してみる(話題の提供)、贈ることでどこかの地域を支援するなど。さまざまな意味合いを込めたギフトを選び、楽しんでみたいですね。

きくのIFCコーヒードリップバッグ ペシャルブレンド

●「きくのIFCコーヒードリップバッグ スペシャルブレンド」
深いコクと苦みが特長の、味わい深いブレンドです。1パック8g×5袋入、160円(税別)。※要冷凍・冷蔵品
「きくのIFC」は、一般的に流通時の破袋防止のために行われる焙煎豆のガス抜き処理をせず、焙煎後低温保管し48時間以内に包装することでアロマを封じ込めるので、豊かな香りが広がり、健康効果も期待できます。
▼めいらくグループお客様相談室 TEL 0120・668833(9~18時)

日本食糧新聞電子版のお申込み日本食糧新聞購読のお申込み

広告掲載のご案内
百菜レシピ
ふれあいクッキング

書籍

  • 2016都道府県Data Book

    ■あなたの県は何番目!?怒濤の130ランキング
    ■県民所得、通勤時間、初婚年齢、離婚率、貯蓄額、外食費、食事に使う時間…など130項目を都道府県別にランキング。
    ■ビジネスの場で会話のきっかけを作る47都道府県の話のネタ帳として活用できます。

  • 主婦の店さいち総菜弁当全集

    ■周辺人口4,700人の温泉街
    80坪の個人店で起きている奇跡。愛され続ける総菜弁当の全貌を初公開!

  • おうちで乾物イタリアン

    ■和食だけじゃない!オシャレにおうちで乾物イタリアン。前菜からスイーツまで73品掲載。

イベント