百菜元気新聞
Twitter
Facebook

百菜元気 > レポート > ピックアップ

ピックアップ

カラフルな新野菜が続々登場! 料理に高級感と華やぎを提供する紫色

2019.02.01 283号 04面    印刷用 印刷用

食品専門展示会で見つけたカタログのような野菜のディスプレイ。右下は紫のキャベツ
食品専門展示会で見つけたカタログのような野菜のディスプレイ。右下は紫のキャベツ

海外で生産された「レッドチコリ」。お皿に盛りつければインスタ映えも
海外で生産された「レッドチコリ」。お皿に盛りつければインスタ映えも


いろいろな品種を集めたケールの花束(国産)

ケールとブロッコリーをかけ合わせた新顔も登場(国産)
ケールとブロッコリーをかけ合わせた新顔も登場(国産)

 日本の食卓に、いまカラフルな野菜たちが登場してきていることをご存知ですか?
 特に注目されているのが紫。緑の中に紫が混ざると高級感と華やぎが生まれますね。
 日本では料理人が海外で働いていた際に出会った現地の野菜を、日本の生産者に委託して栽培したり、種苗会社が自社で開発したり、各県の農業試験場が研究を重ねて産み出すなどして、珍しい野菜が少しずつ流通するようになりました。

ユニークな色と形で魅了 「インスタ映え」の野菜たち

 最近、ビーツには渦巻きが現れる品種も出てきました。ユニークな色と形が女性の心をつかみ、食べるだけでなく、ベランダで栽培して楽しむ人も増えています。また、赤、紅、橙、黄、紫、黒といったカラフルなにんじんも野菜売り場に登場するようになりました。これらのスプラウトも多彩な色や可愛らしい姿が人気を呼んでいます。
 シェフたちは白い大きな皿の上にマイクロハーブと呼ばれる小さなサイズの葉野菜やスプラウト、赤紫や紫のかぶやオクラをお花畑のように好んで盛りつけます。こうしたトレンドは和食料理店から居酒屋、ファミリーレストランまで広がっています。野菜も「インスタ映え」の時代です。

オリーブオイルと塩でおいしいカーリーケール

 種苗会社のホームページでもカラフルな野菜が紹介されています。アスパラガスの産地として有名な福島県では、白と緑に紫が加わりました。鮮度の良いものはさっと湯を通す程度で、スライスしてサラダにトッピングすれば、おしゃれな一品に。
 オススメはケールです。これまでは主に青汁の原料になっていたケールですが、最近はスムージーでも活躍。海外ではケールは料理に使われることが多く、中でもカーリーケールという品種が家庭料理には使い勝手が良いと評判です。オーストラリアでは、オリーブオイルと塩でさっと炒めたケールをラムチョップやステーキの付け合わせにします。
 健康機能性の面からも注目されている有色野菜。上手に生活に取り入れたいものですね。

おすすめ記事

2019/04/01

2019/04/01

2019/02/01

2019/02/01

日本食糧新聞電子版のお申込み日本食糧新聞購読のお申込み

広告掲載のご案内
百菜レシピ
ふれあいクッキング

書籍

  • 2016都道府県Data Book

    ■あなたの県は何番目!?怒濤の130ランキング
    ■県民所得、通勤時間、初婚年齢、離婚率、貯蓄額、外食費、食事に使う時間…など130項目を都道府県別にランキング。
    ■ビジネスの場で会話のきっかけを作る47都道府県の話のネタ帳として活用できます。

  • 主婦の店さいち総菜弁当全集

    ■周辺人口4,700人の温泉街
    80坪の個人店で起きている奇跡。愛され続ける総菜弁当の全貌を初公開!

  • おうちで乾物イタリアン

    ■和食だけじゃない!オシャレにおうちで乾物イタリアン。前菜からスイーツまで73品掲載。

イベント