イトウ製菓、第2次中計初年度は順調な滑り出し 人手不足が課題

菓子 ニュース 2018.07.13 11731号 02面
山崎敬介社長

山崎敬介社長

 イトウ製菓の業績が好調だ。18年3月期決算は増収増益で着地。第2次中期経営計画初年度は順調な滑り出しとなった。社長就任から1年が経過した山崎敬介社長は、中計初年度の18年3月期業績を「70点」と点数を付けた上で、「お客さまに選ばれる会社になり、お客さまの役に立つ」企業を目指すとの経営ビジョンについて「半歩前進した」と総括。さらに、海外事業の本格展開に向け準備を進めるなど次の成長エンジンの始動にも着手した。一方、課題も山積していると、表情を引き締める。山崎社長は、最大の課題を

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら