製パン業界、商品力で需要増目指す 「パン給食」週2回へ努力

小麦加工 ニュース 2019.01.21 11822号 01面
左から、桐山健一副会長、盛田淳夫副会長、飯島延浩会長、細貝理榮副会長、安田智彦副会長

左から、桐山健一副会長、盛田淳夫副会長、飯島延浩会長、細貝理榮副会長、安田智彦副会長

 2018年のホールセール製パン業界は、原材料価格上昇、人件費や燃料費など各種コスト増への対応として価格改定を実施。小売業との価格改定の折衝では、人手不足を起因とする人件費および物流費高騰への危機意識は、小売業も共有することから、理解を得ることができ、6月以降の店頭価格の是正は進んだ。一方、価格改定の時期と、記録的な猛暑の襲来時期が重なり、需要が減少し販売個数は伸び悩んだ。17日、東京都内で開催された日本パン工業会新春記者会見で飯島延浩会長は、18年を「猛暑の影響で厳しい業績

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら