森永製菓・春季マーケティング戦略 変化の“兆し”とらえ商品開発

菓子 ニュース 2019.03.13 11848号 03面
宮井真千子取締役

宮井真千子取締役

 ●3軸で買い場対応も  森永製菓の宮井真千子取締役常務執行役員マーケティング本部長は、19年春の菓子・食品・冷菓・健康事業のマーケティング戦略について、改元、消費増税、キャッシュレス、AI、IoTなど環境の変化が予想される中、「お客さまの変化やそれに伴う、購買行動の変化について“兆し”の段階でとらえ商品開発を行う」との方針を6日開催の説明会で明らかにした。  今春季は、同社が中期的な経営方針として掲げるウェルネス事業強化をさらに進めると同時に、変化する「買い場」に対応する。

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら