「ジャムの日」イベント 長野県小諸市で第1弾

野澤栄一理事長はジャムつかみ取りを担当

野澤栄一理事長はジャムつかみ取りを担当

 日本ジャム工業組合は13日、4月20日「ジャムの日」のイベント「ジャムに恋する3日間」の第1弾を長野県小諸市で開催した。同市で開催したのは、1910年4月20日に、長野県三岡村(現在の小諸市)の塩川伊一郎氏が、「苺ジャム」を明治天皇皇后両陛下、皇太子同妃両殿下に献上したとの記録があることから。小諸市の「あぐりの湯こもろ」で、昨年に続き開催したイベントは、オープン前から行列ができ、子どもたちは、ジャムのつかみ取りに笑顔で挑戦。大人たちもスタンプラリー、「ジャムラテ」の試飲など

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら