吉村、「おみやげグランプリ」飲食部門で受賞 江戸越屋「粋町玉手箱」

グランプリに輝いた江戸越屋「粋町玉手箱」

グランプリに輝いた江戸越屋「粋町玉手箱」

授賞式で吉村作治委員長(右端)と江戸越屋のTシャツを着る大根実次長(右から2人目)

授賞式で吉村作治委員長(右端)と江戸越屋のTシャツを着る大根実次長(右から2人目)

 吉村の江戸越屋「粋町玉手箱」が、ふるさと祭り東京実行委員会の主催する「おみやげグランプリ2019」フード・ドリンク部門でグランプリを受賞した。審査は1月11日に東京ドームで行われ453商品(フード・ドリンク304品、グッズ・ノベルティ149品)が応募した。考古学者で早稲田大学名誉教授でもある吉村作治審査委員長は「コンペイ糖は日本の文化を示している。海外の方に受け入れられやすいもので良かった。デザイン性に優れ、とてもおいしかった」と受賞理由を語る。同グランプリは、国内から海外

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら