スウェーデン、2025年までに食品飲料の対日輸出倍増目指す

総合 ニュース 2019.02.20 11838号 03面

 スウェーデンは2025年までに食品・飲料の対日輸出を1000億クローナ(約1.2兆円)に拡大する。17年同国の食品輸出実績は500億クローナ(約6000億円)で倍増を目指す。現在の主な輸出カテゴリーはさまざまな調合・調理食品18%、シリアル18%、飲料(ウオツカ含む)16%で約半分を占める。25年までに目標を達成するため同国政府および大使館商務部は、スウェーデンの食文化を伝える「TRY SWEDISH」の活動を通じて輸出促進を行う。2月の日欧EPA発効を機に日本市場の開拓を

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら