ダイドーグループHD、19年1月期決算は減収も大幅増益 固定費減など寄与

飲料 決算 2019.03.08 11845号 03面
高松富也社長

高松富也社長

 【関西】ダイドーグループホールディングス(高松富也社長)の19年1月期(18年度)連結売上高は、国内飲料事業における販売数量が苦戦したことなどから、前年比0.7%減の1715億5300万円となった。  営業利益は、自販機チャネルにかかる固定費や関連費の低減が寄与し、同24.1%増の60億7100万円、経常利益は同11.5%増の59億9800万円。親会社株主に帰属する当期純利益は、投資有価証券売却益を特別利益に計上するなどしたため、同54.0%増の38億5600万円となった。

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら