白鶴酒造、「酒蔵開放」開催 おちょこで試飲、環境に配慮

おちょこで試飲を楽しむ人ら

おちょこで試飲を楽しむ人ら

 【関西】白鶴酒造は13日、蔵開きイベント「酒蔵開放」を神戸市東灘区の同社や白鶴酒造資料館で開催した。環境に配慮した初めての取組みとして「おちょこで試飲」と題し、これまで使用していた試飲用のプラスチックカップをやめ、有料(100円)のおちょこで提供した。過去最多となる約4500人が訪れ、にぎわった。  試飲希望の来場者が、試飲の前におちょこを購入していた。同社によると、無料試飲、有料試飲、振る舞い酒、垂れ口の試飲の際、有料のおちょこを使ってもらうことで、約2万個のプラスチック

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら