合食、加工用水産原料需給ひっ迫で養殖魚取扱い強化 未利用魚の開拓も

水産加工 ニュース 2019.02.22 11839号 07面

 合食の砂川雄一社長は15日、加工用水産原料の需給ひっ迫に備えて、養殖魚の取り扱い強化や新産地・未利用魚の開拓などを進めていく考えを示した。  昨年の水産加工業は、気候変動や資源管理などの問題を背景に、天然魚の漁獲量が減少。国産スルメイカは2011年の約20万tから約4万tと過去最低の数字を更新した。世界全体で見ると、天然魚の生産量は頭打ちの状態。一方で、世界人口は100億人を突破する勢いで増加を続けており、「加工用原料となる天然の水産物の需要と供給のバランスは年を追うごとに

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら