味の素社、川崎工場をアミノサイエンス事業本部に移管

調味 ニュース 2019.03.20 11851号 03面

 味の素社は4月1日付の機構改革に伴い、食品事業本部の川崎事業所に現在の川崎工場を統合した上で川崎事業所をアミノサイエンス事業本部に移管する。同日付で味の素食品を設立することに伴う国内工場の集約・再編成の一環。  味の素社では川崎事業所の敷地内にスープなどを製造・包装する味の素食品の新工場を約200億円を投じて建設することを18年11月30日までに決定、新工場には、子会社クノール食品の川崎事業所も当初計画通りに移管することを決めている。  辻田浩志執行役員食品事業本部川崎事業

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら