関東食品、高齢者施設・病院関係者向け商談会を開催

卸・商社 展示会 2019.04.12 11861号 04面
エフ・エム・アイによる「マルチフレッシュ」などを活用した人手不足対応セミナーなどが行われた

エフ・エム・アイによる「マルチフレッシュ」などを活用した人手不足対応セミナーなどが行われた

 関東食品は3日、群馬県高崎市のビエント高崎で「2019春の展示商談会」を開催した。水産・農産・畜産などの素材、高齢者支援ブースなどを含め全141小間、うちメーカー約80社・95小間で高齢者施設・病院関係者をメーン対象にし、約400人が来場した。  同社はこれまで学校給食関係者が来場しやすい土曜日開催だったが、高齢者施設・病院関係者が来場しやすい平日開催へと切り替えた。学校給食を対象にした展示会はミニ展示会として別途開催していく。  展示会では「人手不足解消」をテーマに厨房機

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら