関東漬物協議会、新春懇談会開催 外国人技能実習で講演

伊瀬洋昭IPM専務理事

伊瀬洋昭IPM専務理事

 関東漬物協議会(関漬)は5日、東京都内のホテルで開催した「平成31年新春懇談会」で「外国人技能実習生受入企業ガイドラインについて」「技能実習生の受入れから修了まで」のテーマで講演会を実施。農産物漬物製造業は18年11月12日、外国人技能実習制度における2号移行対象職種に追加されたのを受け、上部団体の全日本漬物協同組合連合会(全漬連)作成のガイドラインを藤川研四郎専務理事が紹介。伊瀬洋昭国際労務管理財団(IPM)専務理事は「アジア各国からの技能実習生は30万人を超えている。多

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら