食品産業文化振興会、田中秀樹氏が講演 最適な顧客体験の提供を

田中秀樹担当部長

田中秀樹担当部長

 富士通総研経済研究所の田中秀樹担当部長は3日、東京・秋葉原で開かれた日本食糧新聞社主催の食品産業文化振興会で「加速するEC利用拡大で小売ビジネスはどう変化するのか?」をテーマに講演した。田中担当部長は、参加した約40人に向けて「ECから始まったデジタル化による顧客理解の動きは、実店舗にも波及しており、最適な顧客体験を提供する事業者がビジネスを伸ばしていく」と説明した。  講演は(1)日本の消費者向けEC市場動向(2)カテゴリーケーススタディ:食品(3)アマゾンの戦略と取り組

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら