日清食品冷凍、4期連続増収増益へ 単品力の強化推進

多部田雄司社長

多部田雄司社長

 日清食品冷凍は、4期連続増収増益に向け、19年3月期上半期(4~9月)を増収増益で折り返した。多部田雄司代表取締役社長は「『単品力の強化』を進めてきた結果、面としてブランドが強化されてきたという手応えを感じている」とし、「通期に向けてこの活動をより推進する」と方針を語った。冷凍食品の簡便さ、おいしさを伝えていくことで新規ユーザーの獲得や喫食機会の拡大に取り組んでいき、通期目標の達成を目指していく考えだ。  上期好調要因は、ラーメンカテゴリーが前年比約2割増となったことが寄与

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら