サッポロビール、交通安全に貢献 売上げ一部寄付

酒類 ニュース 2018.12.05 11804号 04面
左から林雅之千葉統括支社長、千葉県交通安全協会の木川利秋専務理事、吉元義久千葉工場長

左から林雅之千葉統括支社長、千葉県交通安全協会の木川利秋専務理事、吉元義久千葉工場長

 サッポロビールは「黒ラベル千葉工場30周年オリジナルキャンペーンパック」の売上げの一部を千葉県交通安全協会に寄付した。同パックは、10月に千葉県を中心に数量限定で発売。「昨年に続き県内の交通事故削減や交通安全の啓発活動に役立てていただく」(同社)。寄付金額は15万5712円。  同社は千葉県に大規模工場がある唯一のビールメーカーとして、地元に根差した取組みを継続的に行っており、その一環。  首都圏本部の林雅之千葉統括支社長、吉元義久上席執行役員千葉工場長がこのほど千葉県交通

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら