アサヒビール・平野社長 新たな消費創出 最高の満足のために

酒類 ニュース 2019.01.09 11817号 02面

 アサヒビールの平野伸一社長は4日、社内であいさつし「今年は変化に富んだ1年となる。先を見据えた活動を徹底することで、新たな消費を生み出すストーリーを描き、お客さまの最高の満足のために挑戦し続けよう」と呼び掛けた。具体的な活動としては「基本活動のスピードとボリュームを上げ、全員営業でコアブランドの再活性化を進めよう」など、おおむね次のように述べた。  イノベーションの加速に向け、組織に横串を通す機能を強化する。そのためにも消費者視点や全体最適の視点に立って事業戦略を推進する部

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら