アサヒビール、業務用梅酒に新風 チョーヤとタッグ、飲み比べで活性化

酒類 ニュース 2019.02.08 11833号 06面

 アサヒビールとチョーヤ梅酒が今春、業務用に向けた梅酒提案で手を組む。味わいの異なる3品を両者で共同開発。アサヒの全国販売網に載せ、初年度1万4000店への導入を目指す。  取扱店では、アサヒの主力ブランドである「濃醇梅酒」と組み合わせた「利き梅酒キット」を展開し、多様な味わいを飲み比べたいという要望に応える。アサヒはこの取組みで、梅酒分野の売上げを前年比2割増やす計画だ。  チョーヤ梅酒は今年で梅酒製造60周年を迎え、梅酒造りの豊富なノウハウを持つ。アサヒの業務用市場に関す

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら