みやぎ生協、「東日本大震災を忘れないつどい」を開催

「産業、生業再生はまだ」と話す宮本弘理事長

「産業、生業再生はまだ」と話す宮本弘理事長

 【東北】みやぎ生協は今年も11日、「東日本大震災を忘れないつどい」を仙台市泉区の文化会館ウィズで開催、幹部職員ら200人が参加した。来賓として日本生協連・本田英一会長、コープこうべ・木田克也組合長理事が今年も参加した。黙とうの後、宮本弘理事長は次のようにあいさつした。  「建物が新しく建っても産業、生業の再生は課題として残っている。21日から福島2生協とみやぎが一緒になるが、福島の帰還困難区域はロープが張られ、立ち入れないところが多い。復興支援で立ち上げた新ブランド古今東北

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら