ローソン銀行開業 ATMから多角化図る

小売 ニュース 2018.09.12 11762号 01面
竹増貞信ローソン社長(右)と山下雅史ローソン銀行社長

竹増貞信ローソン社長(右)と山下雅史ローソン銀行社長

 10日に開業したローソン銀行は、10月15日から顧客向けサービスを開始する。当面はローソン店頭のATMを使った入出金サービスを中心とするが、19年1月にはクレジットカードの発行を予定、その後もキャッシュレス決済サービスの提供など2年をめどに金融事業の基盤構築を目指す。  ローソン銀行の山下雅史社長は事業戦略について「すでにあるATM事業の収益をさまざまな分野に投資していく。中でもキャッシュレス決済を最優先テーマと位置付ける。消費者やローソン加盟店に加え、地域の金融機関や商店

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら