QRコードで国税納付 コンビニ3社が対応 店頭端末を活用

小売 ニュース 2019.01.09 11817号 04面

 ファミリーマート、ローソン、ミニストップのコンビニエンスストア(CVS)3社は4日、国税庁が導入するQRコードを使った国税の収納代行サービスを開始した。所得税、法人税、消費税などほぼ全ての国税に対応するが、CVSでの納税額は30万円を上限とする。  利用者は、事前に国税庁のホームページで所定の手続きを行う。そこで発行されたQRコードを、店頭のマルチメディア端末で読み取ると、レジで処理できる納付書が出力される。従来、CVSで国税を納付するには、税務署にバーコード付納付書を受け

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら