全清飲「プラスチック資源循環宣言」 30年度までにPETボトル100%有効利用実現を

飲料 ニュース 2018.12.05 11804号 01面
堀口英樹会長

堀口英樹会長

中田雅史専務理事

中田雅史専務理事

 全国清涼飲料連合会(全清飲)は、プラスチック資源循環や海洋プラスチック対策について「清涼飲料業界のプラスチック資源循環宣言」を11月29日、発表した。  これは、「清涼飲料業界のプラスチック資源循環に対する基本的な考え方」を基に、清涼飲料業界全体を挙げて、30年度までに“PETボトルの100%有効利用”を政府や自治体、関係団体、そして消費者と連携して、短・中・長期的に目指す取組みだ。「混ぜればごみ、分ければ資源」の考え方を基に、資源循環型社会の形成を目指し、海洋ごみゼロ世界

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら