加速するキユーピーグループ協働戦略(下)コープ食品東北工場 加工技術生かしデザート品を

調味 連載 2019.02.13 11834号 02面
多彩なアイテム群を誇る豆素材・デザート品(一部)

多彩なアイテム群を誇る豆素材・デザート品(一部)

業務用市場で52%のシェアを持つ豆素材。ウチ・ナカ・ソトへのグループ提案力も強みだ

業務用市場で52%のシェアを持つ豆素材。ウチ・ナカ・ソトへのグループ提案力も強みだ

 キユーピーグループ基幹企業の一つであるコープ食品では、主にフードサービス(業務用)向けソースやスープ、素材豆、デザート品などを手掛けている。プロの料理人と同じ視点での調理法でこだわりの製品群を長く製造、厨房(ちゅうぼう)をスケールアップさせた独自の製造体制は業界内で高い評価を獲得。業務用市場トップシェアを誇る素材豆、加工技術を生かしたデザート品の製造現場(東北工場)をみる。  コープ食品では素材豆を1985年から製造。「ほしえぬ」ブランドで規模を伸長させると、パウチ品なども

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら