ADEKA、「おいしいにプラス」テーマに9品種投入 最終商品の価値高める

「おいしい」にプラスアルファの価値を付与、主に製菓製パン向けに提案する

「おいしい」にプラスアルファの価値を付与、主に製菓製パン向けに提案する

斉藤隆浩部長

斉藤隆浩部長

 業務用加工油脂などを展開するADEKAは今春、「おいしいにプラス」をテーマに、製パン・洋菓子向け新製品群を投入する。マーガリンや練り込みクリームなど、パンや菓子などの最終商品の価値を高める9品種10品目を4月から順次展開。いずれも人手不足やコストアップなど製造現場の課題を解決し、「おいしい」にプラスアルファの価値を付与したもので、主に製菓・製パン分野に提案する。  このほど開催した発表会で斉藤隆浩食品企画部部長は、「商品開発で最も重視しているのはコンセプト。取引先、さらにそ

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら