マルイチ産商、第3四半期は増収減益 コスト高響く

卸・商社 決算 2019.02.18 11837号 03面

 【長野】マルイチ産商の2019年3月期第3四半期決算(連結)は、売上高が1746億5000万円と前年同期より2.8%伸びたものの、営業利益は18億500万円で7.8%減、経常利益は22億6000万円で6.5%減と、減益となった。仕入れ価格の上昇や物流コストの増加が響いた。  水産事業は、主力魚種サンマの水揚げ量が回復したほか、養殖魚の生産販売やオリジナル商品の開発、市場ニーズをとらえた惣菜化への対応などが進み、売上高を1033億6500万円(前年同期比4.7%増)に伸ばした

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら