サッポロビール、日欧EPA受けワイン値下げへ

酒類 ニュース 2019.01.09 11817号 02面

 サッポロビールは3月1日出荷分から一部欧州産ワインの価格を引き下げる。日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)が2月1日に発効することに伴い、関税が即時撤廃されることを受けたもの。  対象はフランスやイタリア産など計74品目。値下げ幅は参考小売価格で2~17%。主なブランドは次の通り。  ▽フランス産=「ヴィナデイス」「C.F.G.V.」▽イタリア産=「バカルディ」▽スペイン産=「コドーニュ」「マルケス・デ・リスカル」  (岡朋弘)

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら