久原醤油、業務用分野さらなる浸透図る ホテルとコラボ展開も

 【九州】久原醤油は業務用に取り組んでいる。狙いは大きく二つある。  一つが、スーパーなどの惣菜部門全体の価値向上に貢献すること。もう一つが、店舗内で久原醤油のブランド力を強化することだ。調味料の売場以外で消費者との接点を増やすことで、ブランドのさらなる浸透を図っている。  惣菜部門で特に採用されている「あごだしつゆ」は、汎用(はんよう)性が高くキッチンでの作業効率向上を実現できるとしている。素材のおいしさを引き立てられるのも強みだという。  惣菜向けの業務用を始めたのは20

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら