ラクト・ジャパン、売上げ・利益とも過去最高に 輸入原料需要追い風

乳肉・油脂 決算 2019.01.18 11821号 02面

 乳原料・チーズなどの専門商社ラクト・ジャパンの2018年11月期連結業績は、連結売上高、経常利益、純利益で過去最高を更新した。国内生乳生産量の減少傾向が続く中、メーカーの輸入原料へのシフトが追い風となった。主力事業である乳原料・チーズ部門や、アジアの市場成長を背景とするアジア事業の売上高・販売数量が過去最高を更新。今年からスタートするTPP11や日EU・EPAなど新たな貿易自由化の枠組みの中で、さらなる成長が予想される。  18年11月期連結決算は、売上高1154億4000

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら