カンボジア・プリマリス社、精米工場をサタケに発注 品質・ニーズへ対応

新工場の全景

新工場の全景

 カンボジアの商社Primalis Corporation(プリマリス社)は、自国産米をアフリカや欧州に輸出する中で、品質やニーズ多様化要望の高まりに対応し昨年12月、サタケ製精米工場を完成させ、複数品種や生産地の異なるコメをブレンドし販売する新事業をスタートした。同社初の自前精米設備である新工場は、通常の精米機能に加え、ブレンドや複数ロットの管理など複雑な機能が必要なため、同国精米工場の建設で最も実績のあるサタケに発注。ライン設計はもとより、ほぼすべての機器設備をサタケが供

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら