ケンミン食品、2月期は過去最高の売上げ 海外戦略にも弾み

農産加工 ニュース 2019.02.25 11840号 02面
高村祐輝常務

高村祐輝常務

 拡大するビーフン市場にあって、最大手のケンミン食品は今期(2月期決算)、過去最高売上げの85億円達成が確実となった。創業70周年を迎える20年をめどに、国内外増産体制を整え、海外進出にも弾みを付ける。19日、本社内で開催したマスコミ関係者向け新商品試食会の席上で、高村祐輝常務が明らかにした。  同社は今期、好調な売上げを確保するが、収益面では、国内子会社フジケンミンフーズ(静岡県)に惣菜用冷凍調理焼ビーフンの製造移管で前年比減益となるものの、5.6%の経常利益率を確保する見

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら