ヤクルト・バイオサイエンス研究財団、腸内フローラシンポジウム開催

会場は立ち見も出るほど盛況だった

会場は立ち見も出るほど盛況だった

 ヤクルト・バイオサイエンス研究財団は10月27日、ヤクルトホール(東京都港区)で第26回「腸内フローラシンポジウム 腸内フローラの形成と疾患」を開いた。特別講演には、国立成育医療研究センター臓器・運動器病態外科部の金森豊氏が登壇。重度の先天性腸管機能不全の患児が、早期にシンバイオティクス療法を受けることで、感染症にかかりにくい腸内細菌叢を長く維持できることを示した。  金森氏は「先天性外科疾患患児における腸内細菌叢形成異常とシンバイオティクス療法による腸内細菌叢コントロール

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら